元彼,新しい彼女,復縁,成功

新しい彼女がいる元彼と連絡するのはNG?

元カレ 新しい彼女 連絡する 連絡しない

 

 

別れてしまった元彼。

 

新しい彼女がいるときは連絡しても良いものなのでしょうか。

 

 

『彼の方から連絡が来るんだけど、これってLINEしててもいいんだよね?』

 

『やり取りしていても何も言われないんだけど、このままでいいのかな』

 

『連絡さえしていれば、そのうち会えたりやり直せたりしないかな…』

 

 

いっそブロックでもされちゃえば諦めがつくものの、なまじ連絡できる関係だと迷ってしまいますよね。

 

 

連絡をするのかしないのか。

 

これって復縁するためには本当に重要なポイントで、ここを間違えると復縁はおろか『都合の良い女性』なんかに成り下がっちゃったりします。

 

 

この記事では、新しい彼女がいる元彼に対して、あなたからの連絡するべき連絡しないべきか、もしするならどのくらいの間隔と頻度でするべきか。

 

そんな部分についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

結論から言うと、これはケースバイケース

 

必ずしも連絡しちゃダメっていうことはありません


 

 

 

『連絡しない方が良い』は間違い|冷却期間は必ずしも必要じゃない

 

 

『復縁したいなら、冷却期間を設けて連絡は完全に遮断するべき』

 

復縁について調べていると、よくこんな事が言われていますよね。

 

 

確かに、基本的にはこれで合っています。

 

実際、私も当サイト内ではそのようにオススメしていたりもします。

 

 

だけど、それって『元彼に未練がない』とか『元彼に嫌悪感を持たれた』っていう場合のみなんですね。

 

『別れたからには好かれてないだろう』っていう前提ありきでのお話です。

 

 

ですが、恋愛なんて人それぞれ。

 

元彼は必ずしも「新しい彼女が好きで、あなたを嫌い」なんて簡単な図式になっていない事も間々あるでしょう。

 

 

あなたに未練があるのに、今カノのアプローチがあって付き合ってるとか

 

寂しさの埋め合わせとして今の彼女を側に置いてるとか

 

喧嘩別れで突発的に付き合っちゃっただけ、とかね。

 

 

そういう場合は連絡を遮断する必要はありません。

 

むしろ、こっちから拒否したりすると『やっぱり新しい彼女をちゃんと愛さなくちゃ』なんて2人の仲を固める原因になったりもします。

 

 

 

連絡を取り合うことで生まれるメリット3つ

 

 

連絡を取り合うメリットというのも存在します。3つです。

 

「そのメリットがありそうだ」と思えるなら、元彼とは連絡を取り続けましょう。

 

 

1・定期的に関わりがあればいざというときがラク

 

1つは、『いざ復縁しようと思った時にスムーズになる』ということ。

 

しばらく冷却期間を置いてしまうと、最初のLINEは緊張しますし、久しぶりすぎて普通にスルーされる可能性だってあります。

 

 

あくまで元彼の負担にならないということであれば、定期的な接点は持っておいて損はありません。

 

 

2・元彼と今カノの近況を把握しやすい

 

そしてもう1つは、元彼の状況を把握しやすくなること。

 

これは『共通の知り合いがいる』とか『同じ会社』っていう状態なら、別に連絡を取り合う必要はありません。

 

 

ただ、新しい彼女がいる男性との復縁は『2人がうまくいかなくなった時』が最高のタイミング。

 

そのチャンスを逃すような事があってはならないのです。

 

 

3・今カノが嫉妬する【最大のメリット】

 

元彼と関わる最大のメリット。

 

それは『今カノが嫉妬してくれること』です。

 

 

女性であれば、『彼氏が元カノと連絡し合っている』なんて、誰でも気持ち良くないですよね。

 

その事実を直接聞かなくたって、無意識に女の勘でわかっちゃうものじゃないですか?

 

 

で、新しい彼女が嫉妬して彼を縛るようなタイプだったら、これほど美味しいことはありません。

 

だって、もしそうなら彼は今カノの隣に居心地の良さを感じないから。

 

 

恋愛なんて縛れば縛るほど嫌がられるもので、今カノが束縛を始めれば彼は必ず違和感を感じ始めます。

 

そうなったとき、気軽に連絡しているだけのあなたの方が、元彼にとって居心地の良い存在になれる、ということです。

 

 

 

連絡するデメリット【たった1つ】

 

 

逆に、連絡を取り合うデメリットってなんでしょう?

 

これは間違いなく、都合の良い女性になってしまうことです。

 

 

ただ元彼との接点を手放したくないという理由でズルズル連絡して、

 

元彼が言うから会っちゃって、そのまま体の関係まで発展してしまって…

 

これは復縁において最悪のパターンですよね。

 

 

冷却期間を置く最大の理由って、元彼が『元カノとやり直したい』って思ってくれるまで待つっていうことです。

 

今カノがいても連絡がとれて、セックスできて、なんていう状態では、後悔もしないしやり直したいとも思いません。

 

(男性ってそういうものです)

 

 

簡単に言えば、『1番はどっちか』っていうこと。

 

2番手になってしまう危険があるなら、冷却期間を置いて彼に『こっち(あなた)の方が良い!』って思わせる必要があるのです。

 

 

 

 

新しい彼女がいても元彼に連絡して良いケース・連絡しない方が良いパターン

 

元カレ 新しい彼女 連絡する 連絡しない

 

 

もう一度、彼に連絡し続けるメリットとデメリットをまとめますね。

 

 

メリット デメリット
復縁する時がスムーズ 簡単な女性に成り下がる
近況が把握しやすい 彼に「失恋した」という喪失感を持って貰えない
今カノが嫉妬して元彼が居心地の悪さを感じる

 

 

 

これを踏まえた上で、『じゃあ、元彼とどんな関係なら連絡してて良いのか』っていう部分を見ていきましょう。

 

 

 

連絡を遮断するべきパターン

 

 

元彼との連絡を断って、冷却期間を持つべき。

 

そんなパターンは以下の2つに当てはまる場合です。

 

 

元彼があなたに会おうとしたり体の関係を持とうとする

 

元彼があなたに会おうとしたりする。

 

誘惑があり、ついつい会ってしまいそうですね。

 

 

でも、これはNG。

 

『もしかして、遊ばれてるだけなんじゃ…』って感じる時は、やっぱりその通りなんです。

 

 

一見すると復縁が近いですが、実は最も復縁しにくいケースなので、自分の安売りはしないように。

 

 

こちらからの連絡だけになっている

 

当たり前と言えば当たり前ですが…

 

彼が返信してくれるのをいいことに、ついつい連絡しちゃうっていうのもダメ。

 

 

彼にとっては負担にしかならず、そのうち既読無視から未読無視…ってなるのは自然な流れ。

 

復縁って、感情に任せて動くとほぼ失敗します。

 

 

 

連絡しててもOKな場合

 

 

冷却期間なしでも復縁があり得る。

 

そんなパターンは以下の通りです。

 

 

友達として定期的に連絡している

 

お互いドロドロした未練もなく、良き友達として連絡し合っている。

 

頻度も多からず少なからず、そんな時にはそのままでOK

 

 

『恋人としての関係が1度終わったかどうか』が復縁において大切なポイントになります。

 

 

今カノが怒っている【修羅場覚悟】

 

さきほども説明した通りですが、今カノの嫉妬はどんどんさせるべき。

 

彼が『束縛されるの大好き!』っていう人間でもないなら、次第に違和感を感じるハズです。

 

 

第一、今カノが怒ってるにもかかわらず、元彼があなたをブロックしないっていうことは、かなり脈ありですよね。

 

 

今カノが『わたしの彼氏にちょっかい出さないで!』なんて言ってくるかもしれませんが、そうなればしめたもの。

 

今カノからすれば、『彼が元カノの方に戻っちゃいそう』っていう危険を感じている証拠です。

 

 

新しい彼女が駄々をこねなければ続かない恋なんて、、、さっさと元彼を解放させましょう。

 

関連:新しい彼女のせいで元彼がブロック【実は復縁しやすい3つの理由】

 

 

 

最も知るべきは、『元彼はなぜ連絡してくるの?』ということ

 

 

元彼と連絡を取り合うか否かにおいて、最も大事なのは元彼があなたをどう見ているかです。

 

連絡を取り合うということは、つまり元彼からの返信があるということ。

 

 

じゃあなんであなたを構ってくるのか、ですね。

 

 

元彼から見たあなたが、、、

 

●良き友達

 

●理解者

 

●未練があって

 

 

この3つに該当するなら、連絡しててOK

 

それ以外なら冷却期間が必要なんです。

 

 

彼が連絡してくる心理、『返信しちゃダメなパターン』というのは、以下の記事にまとめてあります。

 

1度目を通して、彼があなたをどう見ているのかを知っておくことが大事になるかなと思います。

 

 

関連:新しい彼女がいても連絡してくる元彼|心理と対応

 

 

 

【新しい彼女より居心地の良い関係を目指そう】元彼への正しい連絡スタンス

 

元カレ 新しい彼女 連絡する 連絡しない

 

 

さて、もしもあなたの元彼が上記の『連絡を取り合っててOKなパターン』だった場合、どんな風に連絡をしていれば良いのでしょう。

 

頻度や内容など、復縁に向けてのスタンスをまとめました。

 

 

 

元彼の理解者でいることが肝心

 

 

連絡する、しないに関わらずですが、元彼を新しい彼女から奪おうと思ったら『元彼にとって居心地の良い女性』を目指すべき。

 

これはさきほどからお伝えしていますね。

 

 

なにも『元カノ』としてじゃなくて、『友達として』という関係でOK

 

決して今カノのことも悪くは言わないで、2人を応援する。そんなポジションでいましょう。

 

 

 

あまり多すぎるLINEはダメ

 

 

とすれば、今カノに張り合って彼女よりLINEしよう!なんていう考え方はNGです。

 

元彼にとっては『気軽にLINEできる元カノ』でいることが第一ですので、負担にならないくらいの頻度で連絡を取り合っていきます。

 

 

例え彼の方から連絡が来ていたとしても、せいぜいが週に数回くらいにして、あくまで『彼女優先なフリ』が必要。

 

 

彼にとって負担にならない連絡頻度でいれば、むしろ連絡は続くのです。

 

で、今カノが勝手に嫉妬して自分の株を下げる。

 

 

そんなとき、気が向いた時に連絡してた元カノに、何気なくLINEしたくなったりするんですね。

 

これが『居心地の良い存在になる』っていうことです。

 

 

 

話題は恋愛以外がオススメ

 

 

出来ればですが、話題は今カノうんぬんとか復縁うんぬんといった『カップル』の話題は避けましょう。

 

恋愛の話とかあなたと元彼が付き合ってた頃の話って、元彼からすれば重いです。

 

 

「復縁する気満々かよっ!」って感じちゃいますよね。

 

 

せっかく『彼女ではないあなた』に気軽に接してくれている元彼に対して、空気の重くなる恋愛の話はせず、あくまで『旧知の仲』として他愛ない会話にしておくのがオススメです。

 

 

 

まとめ

 

元カレ 新しい彼女 連絡する 連絡しない

 

 

元彼に連絡はするべきか、しないべきか。

 

 

●元彼の気持ちによってはあり

 

●連絡を取り合うなら友達としてがベスト

 

●彼の理解者になり、気軽に連絡出来る居心地の良い相手になる

 

 

新しい彼女がいる元彼って、やりようによっては恋愛に前向きなぶん、復縁は叶いやすいんです。

 

いかに「今カノ<元カノ」を上手く実現出来るかがカギになりそうですね。

 

 

そして、カップルがいつまでもラブラブということは100%ありません。

 

マンネリとか喧嘩とか、息苦しさとか、必ずうまくいかなくなる時期が来ます。

 

 

そのタイミングで、ずっと傍らで応援していたあなたがいれば…

 

 

間違えたくないのは、元彼の気持ちですね。

 

やみくもに連絡だけとっていても、逆に復縁が遠ざかることもあります。

 

 

 

彼の気持ちを知るなら『占い』もオススメ

 

元彼が今カノと別れる時期もわかるし、なんなら縁切りもできちゃいますよ


 

 

関連:【当たる復縁占い師】元カレと新しい彼女がいつ別れるか知りたいあなたへ

 

 

 

 


【先に復縁した人はこの2つの記事を読んだようです】

元カレ 新しい彼女 復縁 成功    元カレ 新しい彼女 復縁 成功