元彼,新しい彼女,復縁,成功

新しい彼女がいる元カレとの復縁に必要な冷却期間|考え方

元カレ 新しい彼女 冷却期間 待つ

 

 

『元彼と復縁したいな』

 

 

そう思って色々とネットを調べたりしていると、必ず出てくるのが『冷却期間』という言葉ですよね。

 

別れた理由にもよりますが、一般的には3ヶ月ほどの冷却期間が必要だというのが恋愛における通説。

 

 

『でも、新しい彼女ができちゃった場合もそれでいいの?』

 

 

元彼新しい彼女がいる場合、冷却期間は同じように3ヶ月で良いのでしょうか。

 

答えは『NO』です。

 

 

ここでは、元彼に今カノがいる場合の冷却期間の目安を、別れた理由や現在の彼との関係性によって期間を分けました。

 

あなたはどれに当てはまりそうか、目次よりごらんください。

 

 

 

 

 

冷却期間は復縁においてもっとも重要な時間です

 

長すぎても短すぎても復縁は叶いにくくなりますので、慎重に期間を見極める必要があります

 

失敗しないためにも、じっくりご覧下さいね


 

 

元カレ 新しい彼女 冷却期間 待つ

 

 

冷却期間の必要性

 

 

そもそも、どうして冷却期間は3ヶ月が一般の通説になっているのでしょうか。

 

これには2つの要因があります。

 

 

1つは、『人の気持ちが変わるのに必要な期間であること』

 

そしてもう1つは、『あなたが変わるのにかかる期間』

 

 

喧嘩別れや気持ちが冷めたことが原因などで別れた場合でも、3ヶ月あれば頭も冷えるし、冷めた別れもリセットされやすい。

 

そして、ダイエットなどの自分磨きも3ヶ月すればそれなりに変化もある。

 

 

加えて言うなら、3ヶ月というキリの良い期間に設定することで目標としやすいっていうのもありますね。

 

 

この、

 

1・彼の気持ちが移ろうこと

 

2・あなたが変わること

 

 

この2点が交差するのが3ヶ月だ、ということです。

 

 

言い替えれば、大切なのは数字じゃなくて、この2つが実現しているかどうか。

 

あくまで3ヶ月というのはそのための目安にしかすぎず、結局は彼との関係性を見て決めていく部分になります。

 

 

 

冷却期間の大ざっぱな割り出し方

 

 

あくまで平均期間が3ヶ月。大事なのはその数字ではないとすると、『私の場合はどうなんだろう』って気になっちゃいますよね。

 

ましてや彼には彼女がいます。

 

 

新しい彼女がいるときの冷却期間の目安ですが、普通はこう言われていることが多いですね。

 

『今カノとの関係が悪くなるまで』

 

 

これ、半分は正解で、当サイトでも一応ここを狙うことが理想的としています。

 

ただ、必ずしも今カノとの別れだけが復縁するチャンスではなかったりするんですね。

 

 

そもそも、いつ別れるかわかんないですよね。

 

未確定の時間を待ち続けるのはツライかと思います。

 

 

(占い師に聞けばその期間もわかったりしますが…)

 

関連:【当たる復縁占い師】元カレと新しい彼女がいつ別れるか知りたいあなたへ

 

 

『今カノとの関係が終わるまで』っていうのは、あくまで元カレが『今カノを本気で好きな場合』に限ります。

 

 

それ以外のケース。例えば、

 

 

●リバウンド(寂しさ埋め)で付き合っている

 

●今カノの方からアプローチがあって仕方なく

 

●体目当てで今カノと付き合っている

 

●あなたにも未練は感じている

 

 

などなど、『別に今カノじゃなくてもいいから女がほしい』なんて本音があるときには、別れるまで待たなくても良いことも。

 

別れる理由がないから別れないだけで、あなたという存在が出現したことで別れを考えるっていうこともあります。

 

 

男性は元カノに未練がある状態でも他の女性に愛情を注げたりしますからね。

 

 

そうなると、冷却期間の割り出し方はこう分けることが出来ます。

 

 

1・今カノに本気で恋している→関係がマンネリを迎えるまで

 

2・それ以外の感情→状況に合わせて適切に決める

 

 

1ではない場合、『今カノとの関係』っていうのは無視して冷却期間を考えるのが良さそうです。

 

 

 

 

新しい彼女がいる元カレとの冷却期間|目安

 

元カレ 新しい彼女 冷却期間 待つ

 

 

ということで、ここからは『2』のケースを想定して、さらに具体的に冷却期間の目安を出していきます。

 

別れの原因や彼との関係性によって1ヶ月~1年までと多くの振れ幅があるので、なるべくあなたに近い部分を冷却期間と定めていきましょう。

 

 

 

喧嘩など、突発的な別れ|1ヶ月以内

 

 

別れの原因がちょっとしたすれ違いや口論での気まずい別れだったら、あまり長い冷却期間は逆効果になります。

 

 

どんな大喧嘩でも1ヶ月以上怒り続ける人は少なく、たいていは『なんであんなに怒ったんだろう』と考え始めるもの。

 

これが長期間になってしまうと、『もう終わったんだよね』と別れを完全に受け入れる方向に気持ちがシフトしていきます。

 

 

新しい彼女はタイミング的にそこにいただけなので、本命であるあなたがいれば別れる可能性は大。

 

冷静になったタイミングで復縁に向けて動きましょう。

 

 

 

あなたから別れた|1ヶ月以内

 

 

あなたが振った場合、基本的に冷却期間はいりません。

 

彼の方に未練があると考えた場合、時間を置くのはNGとさえ言えます。

 

『いまさら…』って思われちゃうからですね。

 

 

新しい彼女は、傷ついた彼を持ち上げてプライドをくすぐってくれるのでしょう。

 

振られた男性は自尊心を失っているので、そこにつけ込めば付き合いやすいです。

 

 

しかし、あなたが『私が間違ってた』というスタンスで彼に真剣に伝えたなら、未練の差であなたにチャンスがあります。

 

 

 

別れるときに重い女になってしまった|3ヶ月以上

 

 

『なんで別れるの?考え直して!』

 

『悪い所があったら直すから…』

 

 

そんな風に別れ際に彼に縋ったりしたときは、長い冷却期間が必要です。

 

少なくとも3ヶ月、場合によっては6ヶ月は欲しいところ。

 

 

それでも彼がやり直さなかったということは、別れの意思が硬いか、すでに新しい彼女に心奪われていたと考えられます。

 

そんな時にスムーズに別れてくれなかったあなたに対し、元カレは『重い』という印象を抱いているでしょう。

 

 

早い段階で迫ったところで自爆する可能性が高いので、関係のリセットが必要です。

 

 

 

普通の別れ|3ヶ月

 

 

とくに喧嘩したわけでもない。別れも普通。

 

後からジワジワと復縁したくなったような場合は、いわゆる『普通の』冷却期間を目安にすればOK

 

 

一般的な冷却期間は3ヶ月ですが…

 

それこそ、今カノとの関係を軸に考える必要があるかもしれません。

 

 

復縁する可能性が50%としても、今カノに夢中なときにアプローチしたら、一気に『めんどくさい女』として扱われるので注意です。

 

 

 

日常的な束縛や依存|6ヶ月

 

 

さきほど、『別れ際にすがってしまった場合は3~6ヶ月』というお話をしました。

 

 

ここではそれ以上、付き合ってるときからの日常的な束縛が原因で別れた場合です。

 

 

●常に束縛してしまった

 

●依存しすぎた

 

●価値観の押しつけ(毎日必ず連絡、とか記念日をあなた基準で制定しすぎた等)

 

 

元カレが息苦しくなってしまったような別れ方はカップルに最も多く、しかも復縁が難しいパターンになります。

 

 

普通なら『もう恋愛はしばらくしたくない』か『自由になりたい』と思う場面ですよね。

 

それでも新しい彼女ができたということは、元カレは『あなただから嫌だ』と感じている可能性が高く、印象は最悪です。

 

 

冷却期間は長めに考え、6ヶ月とします。

 

恋愛体質や依存体質を変え、なおかつ今カノとの関係が落ち着くなど様々な条件が必須になりそうです。

 

 

 

新しい彼女がいるのに何度も復縁を迫った|1年

 

 

1番最悪なケースでは、新しい彼女がいるのに何度も復縁を申し込んでしまった場合。

 

見境無く復縁しようとしたときは、1年以上の長期スパンで冷却期間を考えるべきです。

 

 

復縁の条件は言わずもがな、「彼女と別れてから」

 

これ以上今カノとの別れを迫るのは絶対にNGです。

 

 

その上で、元カレからあなたへの『重い女』というイメージが消えるのを待つ必要があります。

 

(もちろん、実際に未練への執着は捨てないとです)

 

 

そういう意味では無期限、地獄の冷却期間になるかもしれません…

 

ツラいけど頑張れば可能性はあります。まるで新しい関係になりましょう。

 

 

 

 

【待つだけじゃダメ】新しい彼女がいる元カレと復縁するのに大事な冷却期間中の過ごし方

 

元カレ 新しい彼女 冷却期間 待つ

 

 

さて、こんな事を言うとお説教のようになってしまいそうですが…

 

 

冷却期間とは本質は『どのくらい待つか』っていう部分にはありません。

 

元カレは機械ではないですから、時間が経過すれば勝手に復縁モードに入るっていうワケじゃないですよね。

 

 

わたし含め、多くの方が数字にフォーカスしがちだけど、大切なのはそこではありません。

 

ただ待つだけの冷却期間は意味もないし、もったいないですよね。

 

 

冷却期間はどう過ごすべきなのか。

 

なにを持って次に移るべきなのか。

 

 

そこをもう少し知っておきましょう。

 

彼をもう一度ゲットするために。

 

 

 

元カレとの関わりは断つこと

 

 

冷却期間の基本は『会わない・連絡しない・関わらない』

 

ちょっとでも連絡出来たり会える女性は、元カレにとって『ちょろい女』とも感じられ、未練も後悔も感じて貰えません。

 

 

完全に関係を遮断して元カレに未練を感じさせる。

 

そして変わったあなたで再会するからこそ、新しい彼女なんてカスだったと感じるワケです。

 

 

『でも、元カレから連絡が来てて困ってる』

 

『たまに会ってくれるんだけど…』

 

『自分から突き放すなんてムリ…』

 

 

気持ちはすごくわかりますが、ズルズルとした関係ほど不幸になりやすいものはありません。

 

 

関連:【成功者が語る】新しい彼女がいる元彼と復縁できた方法

 

こちらでインタビューした女性なんて、元彼から連絡が来ている状態にも関わらず、自分からブロックすることで最終的に復縁に成功しています。

 

 

まずは『新しい彼女に貸し出してる』といったつもりで、あなたはあなたの時間を過ごすようにしましょう。

 

 

連絡が来たりして困っている方には、こんな記事もあります。

 

 

 

 

 

内面も外見も変わること

 

 

冷却期間は、相手の気持ちが変わるのを待つ半分、自分の変化のためがもう半分。

 

これは言うまでもないことで、しつこくなるのでざっくりです。

 

 

●別れの原因になった問題を改善

 

●見た目にも大きな変化を

 

 

せっかく長い時間カレに会わずに過ごすのですから、生まれ変わったあなたを見せつけましょう。

 

見飽きた今カノなんかより、よっぽどあなたの方が可愛くて素敵だと思われるハズです。

 

 

 

新しい彼女との関係を正確に把握すること

 

 

冷却期間を設けるにあたって、この記事では今カノの存在はある程度無視して考えてきました。

 

気持ちさえこっちに向いてくれれば、新しい彼女の存在は大きな意味を持たないからです。

 

 

でも、やっぱり新しい彼女がいる元カレとの復縁は『今カノと別れるとき』を狙えればそれが最高。

 

そうとまではいかなくても、気持ちが落ち着いた時期じゃないと失敗しますよね。

 

 

例え1年待ったところで、例えあなたがどんなに可愛くなったところで、今カノに夢中になってたらそれはさすがに復縁はムリです。

 

でも、人間って付き合ってれば絶対にどこかでマンネリが来たり気持ちが沈む時はあるものでして、そこさえ狙えば元カレを取り返すことは可能。

 

 

普通の復縁に比べて、今カノがいる元カレとの復縁はタイミングがものすごくシビアになります。

 

なので、カレの気持ちや今カノとの関係は絶対に把握しておく必要がありますよね。

 

 

今カノに対してどのくらい気持ちがあるのか、とか、攻めたら別れてくれるのか、とか今はまだ待つべきか、とか。

 

 

●元彼と共通の知人

 

●SNS

 

 

これらをチェックして、出来る限り可能性の高いタイミングで冷却期間を終わりにすること。

 

それが元カレが戻ってくる唯一の方法です。

 

 

 

『そんな事言われても、元カレとの繋がりなんてないよ』

 

そういったケースがほとんどかなと思いますが、だからこ現代は占いが人気なんですね

 

 

今の電話占いは気軽に使えるし、精度も高いです

 

彼を今カノから取り返す確率を『グッ!!』と上げてくれるので、積極的に利用したいツールです


 

 

 

 

 


【先に復縁した人はこの2つの記事を読んだようです】

元カレ 新しい彼女 復縁 成功    元カレ 新しい彼女 復縁 成功